毎日の口腔ケアが大切なことは、とても良く解っていますが

 具体的には???・・・

 ということで調べたスタッフがおります。

 調べて、まとめた豆知識をご報告致します。

 

 ~ 口腔ケアの豆知識 ~

 口腔内には多数の細菌が存在しています。

 その細菌が身体にさまざまな影響を与えます。

 また口腔内が食べ残しや細菌で覆われていると

 唾液が出にくくなり口の中が乾燥してしまいます。

 そうなると口の中の粘膜が傷つき炎症を起こしてしまいます。

 

   口腔ケアをする事で発症率が低下する可能性があるもの

                       

誤嚥性肺炎    心臓病      脳梗塞    その他糖尿病など

 

 心臓病や脳梗塞は炎症によって破壊された歯肉内に歯周病菌が侵入し、

 血管から全身に運ばれ血栓をつくったり、

 菌が心臓にたどりつく事でおこる可能性があります。

 誤嚥性肺炎は気導に入っていく食べ物が気管に入ったり、

 唾液中の細菌が肺に入ってしまう事でおこります。

 高齢者は特に睡眠時や知らない間に唾液を誤嚥していることが多く危険です。

 また歯周病によって糖尿病の症状が悪化したり、

 専門的な口腔ケアを受けると認知症の症状が低下するなどの報告もあります。 

                    以上 松本/記