ちょっと前ですが・・・・5月5日(火)は

端午の節句をささやかに祝いました。

子供の日とは言いますが・・・

                            

端午の節句は、鎌倉・室町時代の

武家社会の風習から現代に続くもの。               

凛々しい兜。

凛々しい兜。

 

災いが外から入るのを防ぐ為に

鎧や兜などの武具類を飾った

という説があります。

災いが入り込まないようにと

らいおんのショートステイにも

兜を飾っておりました。

 

ご利用者様が参加して下さるアクティビティ「らいおん学校」では

たくさんの可愛い鯉のぼりを作成して頂き

1Fリハ室やお風呂場までの廊下にも

可愛い鯉のぼりが並んでおりました。

綺麗な折り紙、鯉のぼり。

綺麗な折り紙、鯉のぼり。

「らいおん学校」で作成。

「らいおん学校」で作成。

 

 

 

 

 

 

 

5日のおやつは・・・

鯉のぼり?・・・?

甘くて可愛いおまんじゅうの鯉のぼりでした。

健康を祈りながら、パクリっ!!!

鯉のぼり、おまんじゅう。

鯉のぼりのおまんじゅう。

 

 

 

 

 

 

 

季節を感じるお祝いごとは

昔の人々が暮らしの知恵から考え出したもの。

一つひとつに意味を込めて、願いを込めたもの。

ささやかでも祝えることこそが平穏な時間を持てていること。

平穏に過ごせる時間を大事にしていきたいものです。