あいかわらず寒い日が続いていますが日差しが少しずつ 

暖かになってきたような今日この頃です。

さて皆様如何お過ごしでしょうか?

当施設でも雛飾りが出来ましたので

昼下がりに撮影してみました。

 

 

雛人形の由来は古く平安時代までさかのぼります。

現在のように飾る事は無く、

病や物忌みを人形にうつしてから川に流す

という穢れを落とすという「流し雛」で飾る風習はありませんでした。

 

 

 

(現在でも、地域の風習で流し雛を行っている地域もあります)

現在のように、飾りつけるようになったのは

江戸時代中期といわれています。

なお内裏さまの顔は、

12代将軍・徳川家定。お姫様は、孝明天皇娘・和宮

と伝わっております。

 

 

あと少しで、暖かくなってまいりますが

体調管理には引き続きご留意くださいませ。